close

Vol.2

BACKNUMBER >>

バランスのとれた味わい!
気配りが施された店内!

貞弘 貴史(56期 東弁)

法曹三者のうち、弁護士が一番忙しいと言われる。その理由の一つに、移動時間があると思う。弁護士の業態にもよるが、裁判官や検察官よりも、あちこちに外出する必要があり、その移動時間が忙しさとなって現れるのであろう。その反面、外出先で食事をする機会は裁判官や検察官よりも多いと思われる。
かく言う私も、外出先で食事をすることを楽しみとしている一人である。
特に私はラーメン好きであり、機会があれば外出先の近辺にあるラーメン屋に行くことをとても楽しみにしている。
前置きが長くなったが、そんな私が今回紹介するのは、中野にあるラーメン・つけ麺屋「麺屋つとむ」である。
つけ麺は、魚介と豚骨のWスープ。麺は黄色が濃い中太麺。つけ汁の味は、「濃厚」と評されているようであるが、昨今の特濃ブームからみると、それほど濃厚でもない。昨今の特濃つけ麺が苦手な人にもお勧めできる、バランスのとれた美味しいつけ汁である。 麺もコシがあり、つけ汁とうまくマッチングしている。 イメージ1

つけ汁、麺の味もさることながら、このお店はトッピングが美味しい。特製つけ麺(1,050円)のトッピングは、海苔、シナチク、味付け卵、炙り叉焼などである。いずれも丁寧に作ってあり、味付け卵は半熟でしっかりと中まで味付けがされている。炙り叉焼は麺が出る直前にバーナーで炙っており、香ばしい味わいが楽しめる。本当のことをいうと、私は叉焼とラーメンとは本来合わず、むしろライスに合うのではと常日頃思っている人間であるが、このお店の叉焼は別格であり、つけ麺ととてもよく合っている。

イメージ2
来訪時、ちょうど叉焼を焼いているところに出くわし、店内に肉が焼ける音と立ちこめる香りが充満していた。
さて、このお店は細かいところまで気配りが施されている。その一つに、特製すだちダレがある。すだちと種々の調味料をミックスしたものであり、「半分くらい食べ進んだら数滴入れてください」とのことである。入れてみるとなるほど、さっぱりとした味わいが楽しめる。

イメージ3 お客に対する気配りは食事のみならず、例えばトイレに入ると、あぶらとり紙や綿棒が備え付けられているのが目に入る。こういう、ちょっとしたところの気配りは大事だと思う。お客への配慮が行き届いた店は、味にも配慮が行き届いており、美味しい店が多いというのが私の持論であるが、このお店もそれに当てはまるお店である。
最後になるが、実はこのお店は、角ハイボール・すだちサワーが最初の1杯100円!というお店である。これは個人的な好みかも知れないが、ラーメンやつけ麺を食べながら飲むアルコールは、ビールよりハイボールではないかと思う。それが低価格で楽しめるのである。この記事を読んでいる、ご多忙と思われる弁護士の皆さんは、中野に行くときは是非先に用をすませ、仕事終わりにしてからこのお店に寄ることをおすすめする。 かく言う私もこの原稿で今日の仕事は終わりである。さて、中野に寄るか。

data

麺や つとむ

住所:
東京都中野区新井1-25-4
アクセス:
中野駅から徒歩2分
TEL:
03-3767-0331
営業時間:
11:30〜15:00 17:00〜23:00
定休日:
日・月(祝祭日は営業)
平均予算:
1000〜1750円
定休日:
水曜日
イメージ4